西荻窪から阿佐ヶ谷付近をいったりきたり
住むこと食べること楽しみましょ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 割烹旅館西郊 | main | うさぎや >>
西荻の作家さんといえば
西荻在住の作家さんといえば角田光代さん。
今年の夏は結構読みました。
一見普通だけど普通じゃない人とか家庭とか人間関係とか心理描写とか・・・
「対岸の彼女」「空中庭園」「今、何してる?」「西荻窪キネマ銀光座」などなど、かなりはまってしまいました。(杉並図書館またまた大活躍)

それと西荻近辺・中央線沿線にお住まいの方は、ご近所が話の舞台になっていることがあるので「あそこかな?」と想像してみると、2倍楽しめると思いますよ。秋の夜長にどうぞ。

6月に出た「ドラママチ」(文藝春秋)を立読みしてみましょ>> 吉祥寺東町?! 

   
そうそう。西荻なんだよね。
空中庭園は映画をDVDでみたけど、なんだかちょっと過激なかんじ?
ちょっとイメージとちがったかも。
じぶんは彼女の小説ではなく、エッセイをもっています。
旅行好きで、ひとりでどこでもいくらしいね。
「いつも旅のなか」って本。
あと、話はちがうけど、最近みたいのは「かもめ食堂」。
フィンランドいってみたい。
まつなが | 2006/09/12 01:13
空中庭園の原作は、家族がそれぞれの立場で語りながら、色々なことが徐々につながってきて、内容は過激、なのに妙に軽く聞こえる、でも重い、みたいな。構成がじょうずー、と思いました。
映画はどんな話の運び方なんだろう・・・。
それと、今年芥川賞とった伊藤たかみさんは旦那さんなんだってね。すごいご夫婦だねー。

>あと、話はちがうけど、最近みたいのは「かもめ食堂」。
私もまだ見に行ってません(悲)。。
ややっ下高井戸シネマで15日までやってる!
http://www.kamome-movie.com/theater_txt.html
yt | 2006/09/12 20:23
かもめ食堂、そうそう!
購入予定。アマゾンで予約した。
メイキングとフィンランドの町並みDVDが特典でつくらしい。
下高井戸のあとは三軒茶屋であるね。
まつなが | 2006/09/16 21:53
COMMENT









Trackback URL
http://blog.tamura-ep.com/trackback/574855
TRACKBACK
角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家・翻訳家。 神奈川県横浜市出身。捜真女学校高等部、早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。在学中の1988年、上期コバルト・ノベル大賞を『お子様ランチ・ロックソース』彩河杏の筆名で受賞。当初はジュヴナイル
角田 光代 | 気ニナルコトバ | 2006/10/05 16:26