西荻窪から阿佐ヶ谷付近をいったりきたり
住むこと食べること楽しみましょ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
油汚れは油で落とす。
台所レンジ周りのガンコな油汚れ、今までは洗剤でゴシゴシやって落としていましたが、古くなった油を使うと簡単に落ちるとのこと。
・・・で、早速やってみました。
あらビックリ、布に油をふくませてふき取ると、簡単に落ちました・・・
今までの苦労はなんだったんだろう・・・
ぜひお勧めです!!

ついでに、服についた油汚れはクレンジングオイルがよいそうです。これも油汚れは油で落とす。ですね。
ぜひおためしを・・・
ゴムパッキンの汚れには
ジメジメの季節が近づいて参りました・・・
どうしても取れなくて困っていた洗面所のゴムパッキンの汚れがあったのですが、「物は試し」と買ってみた「カビキラー ゴムパッキン用」というジェル状のやつ。すごいです!
スプレーでは全然無反応だった黒かびが、5分くらいで黄色に変色、10分位できれいになくなりました拍手
これ久々にヒット商品ですよ。梅雨入り前にぜひお家のお手入れを。
白熱灯が製造中止?
昨年から白熱灯が製造中止になるという噂は耳にしていたけど、「2012年までに」という記事を見てビックリ。4年後じゃないですか。。(東芝ライテックは2010年だそうですよ)
白熱灯の消費電力が「電球型蛍光灯」に比べると約5倍なので、CO2削減対策の一環として経済産業省が方針を示したそうですよ。
気持ちは分かるけど、ずいぶん極端な。。。
それまでに全ての機器に対応できる型が開発されていればいいのだが。。。
あと、電球型蛍光灯のお値段も何とかしてほしいです。
今は白熱灯の10倍以上、いたた。。。
お酢ってすごい
REAL SIMPLE 8月号↓の「意外な使い方」特集を読みました。


レモン・オリーブオイル・新聞紙等色々ある中で、特に「酢」の偉大さに感心。
以下、へえ〜と思ったものを抜粋。(もしかして主婦の常識?)
●ウール衣類をふんわり:すすぐ時、水にキャップ数杯分の酢を加えると柔らかく仕上がります。
●シールをはがした跡をきれいに:シールが残った部分に酢を塗り、5分後に拭き取ります。
●窓ガラスをきれいに:5〜6倍のお湯で薄めて拭くとピカピカになり、くもり防止にもなります。
●ご飯の腐敗防止:米2カップに対して酢大さじ1を入れて炊きます。酸味は炊飯時に飛ぶので酸っぱくなりません。
●電子レンジの臭い取り:耐熱容器に酢大さじ1を入れ、ラップをせずに1〜2分電子レンジにかけます。
●カップのコーヒーのシミ落とし:カップに酢大さじ2を回しかけ、洗います。
壁塗り完了^o^
珪藻土試し塗り編」「壁塗り開始編」と、しつこくご報告してきました和室改善計画、ようやく完了いたしました!

(広角カメラ欲しい・・・)

いやはや思い起こせば長い道のりでした。特に天井。金ゴテを操る右手ももちろんプルプルしてしまうのですが、予想以上にきつかったのが左手。パレット(?)を持ったまま長時間静止させているのってこんなに辛いものなのですね・・・改めて左官職人さんに敬服。
↓もくもく×100。天井塗りの際は頭上からボタっと垂れることがあるので(経験者)帽子着用オススメ。

最後には、心強い壁塗り監修者:住たいる工房さんにご確認いただき、見事合格!(検査済証ゲットした気分です)
※関連記事のUPもありがとうございます!

ところで気になる珪藻土製品とそのお値段について・・・
私たちは信頼できそうなメーカーさん「日本ケイソウド建材」の佐野の名水-1を選びました。初心者にとっては水で練れているタイプの方が安心確実だと思います。
で、6畳の壁・天井総塗り面積は約25平米、使った珪藻土16袋・約44000円(送料込み)だったので・・・なんと1760円/平米! うーんリーズナブル。
お時間とチャレンジ精神たっぷりお持ちの方、是非トライしてみてはいかがでしょう?

ようやく安眠生活に戻ったのでした・・・
壁塗り開始
先日宣言していた和室の壁塗り計画を開始しました!
(・・・とはいえ私は仕事の都合がつかず9割方有休中の夫任せ)

朝早くから住たいる工房の店長さん・高木さんが駆けつけて下さいました。(アドバイス・お手伝い・小道具貸し出しありがとうございます!)
↓最初に床・柱の養生をした後、既存のじゅらく壁を掻き落します。

これが結構大変な作業だったのですが、意外にも既存壁がしっかりしていたのでプライマー処理だけでOKとのこと。一安心。

・・・ここで私は消え去る・・・

帰ってきたら↓ずいぶん作業は進み、こんな状態。

すごいもう塗れたんだ。と思ったらプライマーだけ塗った状態でした。
でも壁が白いだけでずいぶん明るくなっていて思い通りになりそうな予感。
明日は天井を珪藻土で塗る予定。腕が攣りそうだけどがんばるのだ。


珪藻土試し塗り
今年の冬休みの課題は、「和室をよみがえらせる!」です。
この1室は「北向き&窓をあけるとお隣さんがそびえ立つ」という最悪の環境なので(お隣さんごめんなさい。お互い様です...)、空気がよどみがち。
今は空気清浄機を回しているのですが、効いてるんだか効いてないんだか・・・。
で、辿り着いたのが消臭・空気浄化等に一役買っているという噂の「珪藻土」での壁塗り直し。色も漆喰のような真っ白いものがあるというので、今のじゅらく壁(黄土色)よりもさわやかに変身するはず!・・・と夢は膨らむばかり。

そんな矢先、ご近所の住たいる工房さんで珪藻土体験会があると聞きつけて、先日の日曜日に参加してきました。なんとタイムリーな!

塗るだけかなあ?と思いきや、最初に店長さんから珪藻土についての詳しい説明があってすごく勉強になりました。
珪藻土は植物プランクトンの化石なのでミクロな穴がたっくさん開いていて、それが消臭・調湿・遮音効果につながっているのですって。それとマイナスイオンを発生するのは・・・(中省略)・・・なのです。
実際、小魚とクロスの入ったビンと、小魚と珪藻土の入ったビンを嗅ぎ比べてみると珪藻土の入ったビンの方が全然臭いませんでした。これホントです。
そういった珪藻土の効果を十分認識してから、塗り体験に突入。

↓松原店長さんまぜてます。クレープ屋さんではありません。

↓スタッフの高木さん。作業の半分を占めるといわれる養生。これ重要。

↓珪藻土を壁に移します。真剣(夫)。

↓こて塗り。難航中。

↓はけ塗り。らくちん。


あっという間の2時間。楽しかったです。住たいる工房さんありがとう!
これで本番もばっちりか・・・?(結果は12月に・・・)

関連:松原店長さんのブログです。